ダイエットは病院で行う時代?脂肪溶解の仕組みを理解しよう!

2018年6月28日 By admin

ダイエットの問題点と脂肪溶解注射の特徴

肥満は高血圧をはじめとする様々な疾患に繋がるので、ダイエットによる減量が必要になります。その一方でダイエットは効果が出るまで時間がかかる他、体への負担も大きいので長く続けるのが難しいのが欠点です。特に多忙な社会人はダイエットのために時間を割くことが出来ないことが多いため、一度肥満の状態になると解消しにくい問題があります。美容外科などの医療機関で脂肪を除去する治療を受ける方法がありますが、外科手術は入院する必要が生じるので時間がとられ、支出額も大きくなってしまいます。そのため、近年では専用の薬剤を注入することで脂肪を分解させる治療が普及しています。注射によるダイエットは大掛かりな手術を行う必要が無く、短時間で効果が出るのが利点です。

溶解注射を利用する際の注意点

溶解注射は対象の部分だけに限定して脂肪を除去することが出来るので、理想の体形を維持する効果があります。また、時間がかからないことから多忙な人でも手軽にダイエットを成功出来るのも注射を使う治療のメリットです。その反面、脂肪溶解の注射は効果が一時的なので、減量が成功しても生活習慣を改めないとすぐに肥満の状態に戻ってしまう可能性があります。また、個人の体質によっては薬剤の成分が合わず、痛みなどの不具合に見舞われることがあるので事前の検査が不可欠です。注射を使った減量はあくまで一時的な応急処置ととらえ、食事制限や運動などを生活に取り入れて体重の調整を健康的に実施することが健やかに暮らすための心得です。

脂肪溶解注射とは、注射だけでメスを使わないダイエット方法です。施術は短時間で、ダウンタイムもありません。フェイスラインや二の腕などの狭い範囲の脂肪を落とすのに向いている方法です。